敏感肌にビタミンC誘導体は安全?

敏感肌の人は元々肌のバリア機能が弱いので、使う化粧品の種類によっては強い刺激を感じる事もあります。

ビタミンC誘導体は敏感肌用の化粧品も出ていますが、浸透型ビタミンC誘導体のように浸透力にすぐれている物は少し刺激を感じる事があるかもしれません。

高濃度ビタミンC誘導体になるほど、刺激も強くなる傾向があるので、普通肌の人でも慣れるまでは肌がピリピリする事もあります。

敏感肌の人は敏感肌用の低刺激な化粧品を使って、肌のバリア機能を高める事も大切です。

特に初めてビタミンC誘導体の化粧品を使う時は、濃度もチェックしておくといいと思います。

高濃度の方が美白や美肌効果も期待できますが、肌トラブルを起こすこともあるので慎重に見極めましょう。

ビタミンC誘導体は皮膚科でも処方してもらえます。

敏感肌で化粧品によるトラブルが多い人は自分の肌に合った濃度のビタミンC誘導体を選んでもらえますし、もしも肌トラブルが起きてもすぐに治療できるから安心です。

また敏感肌の人は肌のバリア機能が弱く、紫外線のダメージを受けやすく回復にも時間がかかります。

このため普通の美白化粧品が効かないと言われています。

このためビタミンC誘導体を取り入れようとしますが、濃度があっていないと刺激になるので見極めも大切です。

敏感肌の人には薬用ホワイトニングローションもオススメですが、必ず肌質に合った低刺激の物を選んでください。

そうすれば美白効果も期待出来ます。